野菜宅配の市場規模は拡大している?

野菜宅配 市場規模



共働き世代や高齢者の世帯が増えていて、食品宅配の需要は伸びています。野菜宅配の市場規模も拡大してるといわれていて、多くの業者が参入しています。

女性の社会進出で忙しい家庭が増えてるというのも背景にあると考えられます。

野菜を毎日買ってくるとなると負担も大きく、大変ということで野菜宅配を利用する方が増えています。たしかに仕事から帰ってきて買い物に行って重たい野菜を持って帰るのは負担が大きいでしょうね。

疲れるし、かさばるのが大変ということで、もっと楽に美味しい野菜を食べたいというお客さんのニーズに合致して、こうしたサービスが成長していると考えらます。

スーパーで購入するよりは割高になりますが、それ以上に利便性が高く便利ということで野菜宅配を利用する方が増えていると言えそうですね。

原発事故の影響


東日本大震災での原発事故の影響も多いと考えられます。東日本は少なからず放射能によって汚染されたため、その産地の食材を食べるのが不安という方が増えて、西日本の野菜宅配を利用したり、放射能検査が厳格な野菜宅配を利用するようになったと考えられます。

とくに小さいお子さんをお持ちの方は放射能による影響が大きいということで安全を求めて多少高くても産地がしっかりとしていて安全な野菜宅配を利用していました。

原発事故から6年以上経過してるので、だいぶ放射能の心配は減ってきていますが、いまだに産地の偽装問題もたびたびありますし、多少高くても安全な野菜を求めて宅配サービスを利用する方が多いのが実状です。

こうした背景もあって宅配サービスは市場規模を拡大していて、ビジネスチャンスということで多くの業者が参入してサービスも多様化しています。

いままでは野菜中心だったものが、ほかの食材も扱うようになったり、さらにきめ細かいサービスを実現してきています。各社で様々なサービスを工夫して提供してくれるのは私たち消費者にとってはありがたいことですね。

食の安全については誰もが気にするテーマですし、会社もその点は分かっていますのでとにかく品質管理には徹底的に行っています。無農薬や有機野菜の宅配サービスも登場しています。

健康志向の広がりも野菜宅配の市場拡大に影響を与えているかもしれませんね。野菜はビタミンも豊富ですし、食物繊維なども含まれていて栄養も豊富です。健康に生きていくためには欠かせない食材といえますし、野菜を食べることのメリットをかんじているかたも多いのではないでしょうか。

子どものころから野菜をしっかり食べることで栄養も十分補うことができますし、野菜を食べる習慣を身につけることで将来的にも野菜好きになって健康的に育ってくれると考えているかたも多いはずです。

子どもが野菜好きになるためには新鮮で美味しい野菜をあげるのがベストだと思いますし、そういったメリットを感じている方も多いのかもしれませんね。

野菜は健康や美容にもいいといわれていますし、こうしたサービスをうまく活用して、美味しくて、安全な野菜を積極的に食べていきたいですね。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|